コロナ騒動の連休が終わりますね!

都道府県をまたぐ移動を自粛するよう、との要請がありながら、大変申し訳ない思いを抱きつつ、5月1日から10日まで、当地真狩村で滞在しています。

これまでのブログでもお伝えしていますが、私は都市計画立案等を生業とする個人事業主でして、発注者からの業務を一定期間の工期内に取りまとめるスタイルでの業務処理を行っています。

その業務スタイルにおいては、テレワークが可能で、インターネット環境があれば日本全国どこにいても業務処理は可能なことから、例年のこの時期に、どうしても必要な家庭菜園の畑つくりもするために、業務処理と農作業のため当地に滞在しています。

皆様、このコロナの緊急事態宣言の終息後、過密空間からの一時的避難をお試しになったらいかがでしょうか? 仕事環境が許せるならば、過密都市に無い豊かな生活環境が、ニセコ羊蹄山周辺にはどこにでもあることを、この連休の終わる機会に改めてお伝えしますね。

巷間言われるようになりましたが、このコロナ騒動が時代の変化を早めるのは間違いないように思います。テレワークの普及、過密環境の改善、等、変化の兆しの枚挙に暇がありません。とにかく首都圏の過密状況は、個人的には異常としか思えません。密集市街地の解消が、現代の都市計画の大きな課題の一つにもなっていますし。

10年経って昨年から咲き出したコブシ
可憐なものです
もう1枚、土作りの終わった小さな畑
農作業は雑念を払ってくれます
投稿を作成しました 49

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る