ニセコ真狩の夏の紹介3 冬支度の巻

台風10号の九州接近のこの週末、実は、冬支度のために真狩に滞在しています。

例年ならば、とうに秋本番となっているはずが、しかし、大型台風10号が日本列島西部を北上したが故に、日本列島全体に、もちろん北海道も含めて、高温多湿の南風が吹き込み続けています。

そのためでしょうけれど、当地、ニセコ羊蹄山南麓も、この9月上旬でも27度前後の最高気温で、真夏状態が続いています。

本当に地球の温暖化は、紛れも無い事実なのですね。認識を新たにせざるを得ません。一個人として、次世代に生存可能な環境を残していくことにどのような対応ができるのか? 考えざるを得ないでしょう。でも、それは、また継続してブログにアップしていきたいと思っています。

とにもかくにも、9月の声を聞けば、冬支度の開始です。

まずは薪の調達です。

この週末は、真夏状態ではありますが、以前からの予定とおり、冬支度の第1弾の薪調達をしました。

一冬、約2m3の薪が最低限必要で、これさえ準備できれば北海道の厳冬も、ものともしません。まずは、安心の確保ができますね。冬の停電も、ものともしません。薪ストーブ、本当に心強く、その炎は心を落ち着かせてくれます。

薪を調達、雨に濡れないよう軒下にブルーシートで保管。例年の行事です。
もう一枚。ニセコ連山、羊蹄山、今日の夕景。
晩夏の情景です。掛け値なしで綺麗です。
投稿を作成しました 47

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る