一気に初秋の気配です

3日ほど前までは、当地ニセコ羊蹄山南麓でも近年になく蒸し暑い日々が続いていました。

それでも、2日ほど前から一気に涼しくなりました。

最高気温で約22度程度、最低気温は12~13度、全くもって、腐っても北海道です。嬉しいかぎりです。

しかし、先日までの暑さは本当に北海道? という感じでした。今週、夏休みをいただいていますが、7日(土)に東京の暑さから逃れるつもりで来たものの、どっこい暑くてがっかりしていたところでした。

昨日、報道で、国連研究機関の気候変動に係る最新レポートが発表されたとありました。

近年観測される気候変動は、人間活動の影響によるものである、ということに疑いの余地は無いと、はっきり言及されているとのことです。そうなんでしょうね近年の気候の様子を見ると。

私事で恐縮ですが、私にも孫が3人います。これらの孫たち、かなりの確率で間違いなく22世紀まで生きると思います。しかし、彼らが一体どのような気候環境の下で生活し、生き延びていくことになるのか??

とても心配でなりません。

大量の二酸化炭素排出システムのもとに快適生活を満喫してきた世代の責任として、老骨に鞭を打ち、少しでも微々たるものでも、温暖化防止の努力をしなくてはならないとの思いが強くなっています。

今夏も咲きました。数日前までの暑さのおかげで立派です。
投稿を作成しました 79

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る