収穫の秋になりました!

真狩村の生活の紹介編です。

周りの畑という畑で、農家の方々が収穫作業真っ盛りです。ジャガイモ、大根、人参、とうもろこし、といったところでしょうか。もう少し秋が深まると、大豆、小豆(あずき)の豆類、ビート、かぼちゃ、が代表的なところです。そして、忘れてはならない特産品のゆり根の収穫が、降雪前の最後の収穫作物です。なんとも、春と双璧の忙しい時期です。

特にジャガイモ、豆類は越冬に供えた食料で、十分な収穫に皆さんホットしますね。

この週末は、きれいに晴れた日もあって、本当に穏やかで、のびやかで、心が落ち着く日々が経過していきました。

本州の千葉県では、先週の台風の予想もされていなかった強風による災害に苦慮している様子、とても他人事だとは思えません。被災地の皆様には一日でも早い復旧をお祈りしています。

私は、まさに首都圏で今後確実に予想される災害から逃れるために、ここ北海道の真狩村に第二の拠点を設けた訳で、その意味で、杞憂ではないそこにある災害から逃れることができて、少し安心しているこの1週間です。

週末の羊蹄山。手に取れるような雄大な景観です。

投稿を作成しました 21

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る