夏の紹介の最終回 冬支度その2

9月も中旬を過ぎ、最低気温が10度を越えない日がでてきました。夏の終わりというより、当地ニセコ真狩の初秋です。

周りの畑では、農家さんが総出でジャガイモ、ゆり根などの収穫で大忙しです。

目の前の畑で、朝の7時から夕方暗くなるまで、それこそ働き詰めですね。

私も、庭の家庭菜園の後始末に大わらわです。

季節の移り変わりが、本当に鮮やかなニセコ羊蹄山周辺です。10月の中旬になれば、全山、どこでも紅葉の季節になりますね。一年でも楽しみな時期のひとつです。

さて、この4連休、天気にも恵まれ近所もだいぶ人出がありました。

西隣(と言っても200mくらい離れていますが)に手打ちそばの、それはそれは美味しいお店があります。休日には、札幌、室蘭、苫小牧の遠くからお客さんが多く訪れます。しかし、昨日の混雑は尋常ではありませんでした。

開店前から道路に車の列が30台くらい並び、はなひまわりにまで待ち行列が届きそうな勢いの混雑でした。

ニセコ羊蹄山周辺は札幌周辺等からの適当な距離のリゾート地ですが、ようやくコロナの影響が少なくなりつつあります。

地域にとってありがたいことですね。

こんな辺鄙な真狩村に行列のできる蕎麦屋さんがあります。
志を持って移住されてきた方ですね。
投稿を作成しました 49

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る