春 陽光スキー

喧騒の去ったニセコ
行きはまだたっぷり
目の前のリフト待ちゼロ

4月6日土曜日、快晴の陽光に誘われてニセコに春スキーに行ってきました。

さすがに4月になり気温も上がってきていますので、積雪はたっぷりではあるものの雪質は既にザラメ雪状態。

しかし、パウダーが過ぎた今、ニセコは真冬12月~3月の外国人観光客の大部分が帰国したようで、最盛期の喧騒がうそのように空いていました。

ニセコで滑るなら、12月初旬の初滑り、又は、3月下旬以降の春スキー、これに限りますね。

リフト待ち0、駐車場もゆったり、山もゆったり。

初滑りはパウダースノウたっぷり、また、陽光下の春スキーも最高です。

添付の写真の最上部まで上がり、洞爺湖・太平洋、そして目の前の羊蹄山・新幹線駅予定地の景色をゆったり、たっぷり堪能し、麓まで約1000mの標高差を一気に孫娘と滑り降りてきました。

抜群の一言です。

もう一枚
同日、はなひまわり目の前の羊蹄山

もう一枚。目の前です。

路面からは全く雪は消え、北側の畑の積雪も約30cm程度。

雪が消えると畑の季節です。

これから、はなひまわりの庭でも、5月下旬まで作物植付の畑仕事の始まりです。

季節の変化が本当に鮮やかです。

自然に生かされていることを、ことのほか感じる春ですね!

投稿を作成しました 190

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る